経営理念・行動原則

社是

エネルギーとカーオアシスで地域社会に奉仕する。



経営理念

  1. 我々は、「お客様第一主義」を貫きます。

    永瀬石油は2009年4月8日をもって、おかげさまで会社創業100周年を迎えました。
    この歴史を作り上げてきたのは、創業者永瀬久之助の遺志をつぎ、幾多の困難を乗り越えてきた先人の努力があってこそですが、 何といっても、商品やサービスを買って頂いているお客様のご愛顧があってこそです。
    常に我々は、「お客様第一主義」を掲げ、よりよい商品とサービスを提供し続け、より多くの固定ファンを作って参りましょう。

  2. 我々はお客様に心からのおもてなしができる様、常に自己啓発に努め、困難に打ち克つ精神力を養います。

    お客様の快適で安全なカーライフをサポートしていくためには、常に商品やクルマに対する知識について自己研鑽を行わねばなりません。
    様々なご要望に迅速に正確にお応えする為には常に「学ぶ」姿勢を持ち、お客様に信頼していただけるスタッフであってほしいと考えます。
    仕事を通じて、地域社会に奉仕すると同時に永瀬石油の職場で自己成長を図っていただき、精神的にもたくましい人物になっていただきたいと考えます。

  3. 我々は、地域社会の発展に誇りと責任を持ち、人々に愛される会社でありたいと考えます。

    我々永瀬石油の使命とは、地域社会にエネルギーを安定的に供給し、地域の発展を支えることであると考えます。
    我々はその発展を支えることに誇りと自覚を持って、仕事に取り組む、これこそが永瀬石油で働く社員の真髄であり、
    その気持ちと行動がお客様に感謝の気持ちを持っていただけると信じています。
    一人一人がお客様に愛着や親しみをもっていただき、商いができることこそが幸せであると考えます。


行動原則

  1. 持続可能な発展

    当社は、社会生活に不可欠なエネルギーや、お客様の求める商品やサービスの提供を通じ、持続可能な発展を希求する。このためには、短期的視点のみならず、長期的な視点が必要であり、経済的利益の追求と、環境保全、法令遵守や地域社会への貢献など、社会的責務の遂行とのバランスをとりながら、事業を推進していかなければならない。

  2. 責任

    当社は、以下の責任を認識する。

    1. お客様に対する責任
      技術・環境・事業に関する専門的知見に裏付けされた、価格、品質、安全性および環境の全ての面で価値ある商品とサービスを開発し、提供することにより、お客様の信頼を獲得し、維持する。
    2. 株主に対する責任
      株主の投資を保全し、妥当な成果を提供する。
    3. 従業員に対する責任
      従業員の人格・個性を尊重し、安全な職場環境と良好な労働条件を提供するとともに、人材の開発と活用を推進し、かつ、業務の遂行および本行動原則の実践にあたり従業員の参加を促進する。
    4. 協力会社に対する責任
      協力会社(合弁事業の相手方を含む)とは互いに有益な関係を築くとともに、本行動原則の実践を推進するよう努める。また、協力会社との取引を開始し、または継続するにあたっては、本行動原則の定める価値・内容の遵守状況を考慮する。
    5. 社会に対する責任
      社会の責任ある一員として事業を行い、法令を遵守するとともに、基本的人権を尊重する。また持続可能な発展を目指して、健康、安全、危機管理および環境に対し充分配慮する。

  3. 企業倫理

    当社は、社内において必要な規範を定めこれを遵守するとともに、事業のあらゆる面において誠実と公正を本旨として行動する。これは取引先との関係においても同様である。 賄賂の提供・支払い・要請・受領は、いかなる形であれ許されない。また、個人的経済活動と、会社の事業活動における行動との間に生ずる利害の衝突を避けなくてはならない。 会社のために行う全ての取引は、定められた手続きに従い、正確かつ公正に帳簿に記載され監査の対象となる。

  4. 法令遵守

    当社は、事業を行うに際して、関連する法令・規制を遵守する。


  5. 健康・安全・危機管理・環境

    当社は、持続可能な発展を目指して、健康、安全、危機管理および環境の分野において継続的かつ系統的な取組みを行う。 この目的のために、当社は、健康、安全、危機管理および環境に関する活動を重要な事業活動と同等に位置づけ、改善目標を立て、成果を測定・評価し、結果を報告する。

  6. 収益性の追求

    当社がその責任を果たし、企業として存続していくためには、適正な収益の確保が不可欠である。収益性は、効率性の指標であるとともに、商品やサービスに対して示されるお客様の満足度の目安でもある。収益はまた、将来にわたり経営資源の配分と、お客様のニーズに応じた商品やサービスを提供するための継続的投資にも不可欠である。収益と強固な財政基盤なくしては、われわれの責任を果たすことはできない。 投資を行うにあたっては、経済性のみならず、社会、環境等に及ぼす影響も重視する。

  7. 競争

    当社は、自由で公正な競争を求める。

  8. 地域社会

    当社は、社会の責任ある一員として積極的に社会貢献活動を行う。地域社会への最大の貢献は、自らの基本的な事業活動をできる限り効率的に行うことにある。

  9. コミュニケーション

    当社は、自らの活動の重要性と、その活動が国の経済や個人に与える影響に鑑み、企業情報開示の必要性を認識し、適時かつ的確な情報開示を行う。 当社は、対話性のあるコミュニケーションの機会を重視し、お客様、従業員、協力会社、地域社会などとの対話において、その声に真摯に耳を傾け、誠実に、かつ、責任をもって対応する。

  10. 政治活動

    当社は、政党、政治団体やその代表に対し献金をしないものとし、また政党活動にも参画しないものとする。ただし、政府等に対して、当社やお客様、株主、従業員あるいは地域社会に影響を与える事項について、自らの立場を明らかにすることは、われわれの責務である。


制定: 2009年7月23日
改定: 2011年9月22日